アート・ベンチャー・オフィス・ショウ Art Venture Office SHOU

  1. HOME
  2. 美術展の企画
  3. 美術展のPR
  4. ミュージアムグッズ
  5. 会社情報
  6. SHOU ROOM

美術展の企画

鉄道博物館 第10回特別企画展

東京駅 開業100周年記念 100年のプロローグ
(鉄道博物館/埼玉県・さいたま市)

市街高架線計画から東京駅開業までの道のり

会期:
2014年11月22日(土)~2015年2月16日(月)
休館日:火曜日、年末年始(12月29~1月1日)
会場:
鉄道博物館 2階 スペシャルギャラリー1・2
時間:
午前10時00分~午後6時00分(入館は午後5時30分まで)
料金:
鉄道博物館の入館料のみで、コレクション展もご覧いただけます
【鉄道博物館の入館料】
一般 1,000円(800円)
高校・中学・小学生 500円(400円)
幼児(3歳以上未就学児) 200円(100円)
※()内は団体20名以上の料金
主催:
鉄道博物館

2014年12月20日に東京駅が開業して100年を迎えます。これにちなみ、東京駅の歴史のうち同駅が開業にいたるまでの東京ターミナル駅変遷についてたどります。
明治近代国家の首都・東京の都市計画の中で 鉄道建設の検討が進められました。その中で新橋・上野・万世橋・両国橋といった方面の別のターミナルが中央停車場(現:東京駅)へと集約されていった課程から、日本の鉄道市場にどのような意味を持ってきたのかを考えます。市街高架線のルートを考慮した配置、計画・建設に携わったフランツ・バルツァー、辰野金吾、原口要、野村竜太郎、岡田竹五郎といった鉄道技師についても紹介します。(本展チラシより抜粋)


本展では、作品調査・会場施工・作品展示、図録の編集制作を行っております。

<展示風景>
3章構成の展示では、市街高架線の模型を大々的に配し
建設当時の図面や装飾品の一部を間近で見れるように展示しております。
東京駅開業100周年記念 100年のプロローグ 鉄道博物館
東京駅開業100周年記念 100年のプロローグ 鉄道博物館
東京駅開業100周年記念 100年のプロローグ 鉄道博物館東京駅開業100周年記念 100年のプロローグ 鉄道博物館
東京駅開業100周年記念 100年のプロローグ 鉄道博物館東京駅開業100周年記念 100年のプロローグ 鉄道博物館



<カタログ(図録)>
本展の図録を編集・制作しました。
東京駅開業に関わる歴史の鉄道開業後から東京駅開業までを
◆Ⅰ章 東京駅開業前史
◆Ⅱ章 東京駅誕生
◆Ⅲ章 東京駅開業後   として、3章構成で紹介しています。
また、鉄道敷設の検討が始まる1869年から東京駅開業100年の2014年、東北縦貫線(上野東京ライン)開業の2015年までの鉄道歴史を綴った年表も備えており、東京駅の歴史を一挙に把握することができる、充実した内容となっております。
東京駅開業100周年記念 100年のプロローグ カタログ
販売価格:1,000円(税込)
ページ数:87ページ
サイズ:A4横綴じ(297×210mm)サイズ