アート・ベンチャー・オフィス・ショウ Art Venture Office SHOU

  1. HOME
  2. 美術展の企画
  3. 美術展のPR
  4. ミュージアムグッズ
  5. 会社情報
  6. SHOU ROOM

美術展の企画

未来を担う美術家たち

20th DOMANI・明日展

文化庁新進芸術家海外研修制度の成果

会期:
2018年1月13日(土)~3月4日(日)
休館日:火曜日
会場:
国立新美術館企画 展示室2E
時間:
午前10時~午後6時
毎週金曜日・土曜日は午後8時まで
 ※入場は閉館の30分前まで
料金:
一般 1,000円(800円)
大学生 500円(300円)
 ※1月21日(日)はDOMANI展第20回目を記念して、入場無料。
 ※( )内は前売および20名以上の団体料金
 ※高校生、18 歳未満の方(学生証または年齢のわかるものが必要)
  および障害者手帳をお持ちの方(付添の方1名含む)は入場無料。
 ※団体券は国立新美術館でのみ販売。(団体料金の適用は20名以上)
 ※前売券は、オンラインチケット(手数料無料)、ローソンチケット(Lコード:34889)
主催:
文化庁、国立新美術館
協力:
日本航空
制作:
アート・ベンチャー・オフィス ショウ
文化庁は、将来の日本の芸術界を支える人材の育成のため、若手芸術家が海外の大学や関係機関等で行う研修を支援する「新進芸術家海外研修制度(旧・芸術家在外研修)」を1967年度から実施しており、今年で半世紀を迎えます。
 第20回のDOMANI・明日展は「寄留者(パサジェ)の記憶 (memories of “passagers”)」をサブタイトルに、国立新美術館の豊かな空間を生かし、研修を終えて比較的時間の浅いフレッシュな人材たちのショウケースとなるよう、作家のラインナップを組みました。研修後も海外ベースでの活動を続ける4作家も含め、自らの生活圏を離れて、「寄留者」=一時的な滞在者となった経験が浮かび上がるはずです。制度50年と第20回目を記念した特別展示やイベントなども併せて行います。

※新進芸術家海外研修制度
文化庁が若手芸術家を海外に派遣し、その専門とする分野の研修を支援する制度。1967年度以来、約3,400名を派遣してきました。美術、音楽、舞踊、演劇、映画、舞台美術等、メディア芸術の各分野を対象に1年、2年、3年、特別(80日間)、短期(20日~40日)及び高校生(350日)の6種類があり、研修員は海外の大学や芸術団体で実践的な研修を行っています。この制度の詳しい内容は以下をご覧ください。 


<展覧会カタログ(図録)>
本展のカタログを制作しました。
オールカラーで出品作品・参考作品の掲載をはじめ、
作家それぞれの思いが綴られた充実の1冊となっています。
20thDOMANI・明日展 カタログ

販売価格:1,500円(税込)
総ページ数:144頁
サイズ:190×250mm
監修:林洋子氏(文化庁)
編集:内田伸一氏
アートディレクション:見増勇介氏

<プレス内覧会>
1月13日(土)の開幕日前日に
プレス関係者へのお披露目として内覧会が開催されました。
海外拠点で活動している作家もおり、全員が揃うのはこの時だけとあり
たいへん盛況なお披露目となりました。
20thDOMANI・明日展 プレス内覧
20thDOMANI・明日展 プレス内覧

<看板>
大看板と、乃木坂駅側のウッドデッキに告知パネルが設置されました!
20thDOMANI・明日展 看板
20thDOMANI・明日展 看板


<公式ホームページ・SNS>
本展の公式ホームページと、DOMANI展長のつぶやきで
細心の展覧会情報をお届けします。併せてご覧ください♫
◎展覧会ホームページ

◎ドマーニ展長Twitter
@DOMANI_ten
18thDOMANI展長

DOMANI展facebook

DOMANI展Instagram

◎チケット情報
本展観覧の当日券を以下のサイトからもご購入いただけます。
ローソンチケット(Lコード:34889
イープラス
オンラインチケット


<イベント情報>
今年は20回目を記念して、さまざまなゲストを迎え
出品作家等のトークイベントを開催します。

■開催会場:国立新美術館企画展示室 2E入口特設会場
■参加料金:無料
■申込:不要
■時間:各回~90分
 ※トーク中の写真・動画の撮影、録音はご遠慮ください。
 ※日程内容変更の可能性もあります。
   随時、当サイトでお知らせいたしますので、ご確認ください。
 ※
都合により中止や時間の変更、混雑状況により
   入場できない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

□1月13日(土)
・11時~ アーティストトークvol.1
  出品作家:増田佳江
  ※
会場:展示室内 無料(要観覧券)
・14時~ オープニングスペシャルトーク
  岩崎貴宏(美術家、本研修制度派遣者
  ×鷲田めるろ(金沢21世紀美術館キュレーター
・16時30分~ 
アーティストトークvol.2
  出品作家:mamoru
 

□1月14日(日)
・11時~ アーティストトークvol.3
  出品作家:猪瀬直哉
・14時~ アーティストトークvol.4
  出品作家:盛圭太
  ×建畠晢(美術評論家、埼玉県立近代美術館館長、多摩美術大学学長

□1月21日(日)
・11時~ アーティストトークvol.5
  出品作家:田中麻記子
  ×住吉智恵(アートプロデューサー、ライター)

□1月27日(土)
・14時~ アーティストトークvol.6
  出品作家:中村裕太
  ×小林孝亘(画家、本研修制度派遣者)
  ×アルベルト・ヨナタン(美術家)

□2月3日(土)
・14時~ アーティストトークvol.7
  出品作家:雨宮庸介
  ×円城塔(小説家
  ×黒嵜想(批評家)

□2月10日(土)
・14時~ アーティストトークvol.8
  出品作家:西尾美也
  ×小沢剛(美術家、本研修制度派遣者)
・16時30分~ アーティストトークvol.9
  出品作家:三宅砂織
  ×住友文彦(アーツ前橋館長

□2月12日(月祝)
・14時~ スペシャルトーク
  森大志郎(デザイナー
  ×内田伸一(編集者、本展カタログ編集)
  ×見増勇介(デザイナー、本展アート・ディレクター)

□2月17日(土)
・14時~ アーティストトークvol.10
  出品作家:中谷ミチコ
  ×棚田康司(彫刻家、本研修制度派遣者)

□2月24日(土)
・14時~ アーティストトークvol.11
  出品作家:やんツー
  ×中ザワヒデキ(美術家、本研修制度派遣者)
  ×司会:小林桂子(日本芸術文化振興会プログラム・オフィサー)

詳しくはDOMANI展公式ホームページ、または弊社広報ページでご確認ください。




作品リスト

雨宮 庸介 Yosuke Amemiya

《Installation view at Galerie Fons Welters》
2013 Photo:Tamara Kuselman

※参考画像

2014(平成26)年度派遣/オランダ
現代美術

拡大画像を見る

猪瀬 直哉 Naoya Inose

《Baral No.10 from series of“Tower of Babel”》
2009 高橋コレクション蔵

2015年(平成27)年度派遣/イギリス
現代美術

拡大画像を見る

田中 麻記子 Makiko Tanaka

《Unagiya》
2017

2013(平成25)年度派遣/フランス
現代美術

拡大画像を見る

中谷 ミチコ Michiko Nakatani

《あの山にカラスがいる》
2017 Photo:Hayato Wakabayashi

2012(平成24)年度派遣/ドイツ
彫刻

拡大画像を見る

中村 裕太 Yuta Nakamura

《日本陶片地図|埼玉県川越市久下戸》
2016 Photo:表 恒匡

2015(平成27)年度短期派遣/オーストラリア
現代美術

拡大画像を見る

西尾 美也 Yoshinari Nishio

《Self Select:Migrants in Tokyo》
2017

2011(平成23)年度派遣/ケニア
アートプロジェクト

拡大画像を見る

増田 佳江 Kae Masuda

《Untitled》
2015 Photo:木暮 伸也

2013(平成25)年度派遣/アメリカ
絵画

拡大画像を見る

Mamoru

《Further/遠くへ》
2016

2015(平成27)年度派遣/オランダ
現代美術

拡大画像を見る

三宅 砂織 Saori Miyake

《The missing shade 26》
2017

※参考画像

2015(平成27)年度派遣/フランス
現代美術

拡大画像を見る

盛 圭太 Keita Mori

《Strings》
2017

©ADAGP Keita Mori Courtesy the artist and Galerie Catherine Putman, Paris

2006(平成18)年度派遣/フランス
2015(平成27)年度短期派遣/ベルギー
ドローイング

拡大画像を見る

やんツー Yang02

《Examples》
2016 Photo:竹久 直樹

2013(平成25)年度派遣/スペイン
2014(平成26)年度短期派遣/スペイン
メディアアート

拡大画像を見る