アート・ベンチャー・オフィス・ショウ Art Venture Office SHOU

  1. HOME
  2. 美術展の企画
  3. 美術展のPR
  4. ミュージアムグッズ
  5. 会社情報
  6. SHOU ROOM

美術展の企画

未来を担う美術家たち

21st DOMANI・明日展

文化庁新進芸術家海外研修制度の成果

会期:
2019年1月23日(水)~3月3日(日)
休館日:毎週火曜日
会場:
国立新美術館 企画展示室2E
時間:
午前10時~午後6時
毎週金・土曜日は午後8時まで
※入場は閉館の30分前まで
料金:
一般1,000円(800円)、大学生500円(300円)
※( )内は前売および20名以上の団体料金
主催:
文化庁、国立新美術館
協力:
日本航空

文化庁は、将来の日本の芸術界を支える人材の育成のため、若手芸術家が海外の関係機関等で行う研修を支援する「新進芸術家海外研修制度(旧・芸術家在外研修)」を1967年度から実施しており、すでに半世紀を経過しました。美術分野では、そうした研修の成果発表の機会として1998年から「DOMANI・明日展」を開始し、今年度で第21回目となります。国立新美術館を会場に、天井高に恵まれた空間での大規模なグループ展で、文化庁による新進作家育成プログラムで海外に送り出した人材を、日本のアートシーンにプレゼンする機会にすることを目指しています。

第21回DOMANI展は「平成の終わりに」をサブタイトルに、国立新美術館の豊かな空間を生かし、研修を終えて比較的時間の浅いフレッシュな作家たちのショウケースとなるよう、作家のラインナップを組みました。DOMANI展にとっても「平成」時代最後の開催となりますが、昭和50年代に生まれ、平成時代に表現者を目指した9作家による、「元号」(日本)と「西暦」(海外)を往還しつつうまれた表現を並置する機会とします。あわせて、文化庁が所蔵する現代美術作品から、イタリア・フィレンツェでの滞在制作経験を持つ三瀬夏之介をゲスト作家に迎えます。


※新進芸術家海外研修制度
文化庁が若手芸術家を海外に派遣し、その専門とする分野の研修を支援する制度。1967年度以来、約3,500名を派遣してきました。美術、音楽、舞踊、演劇、映画、舞台美術等、メディア芸術の各分野を対象に1年、2年、3年、特別(80日間)、短期(20日~40日)及び高校生(350日)の6種類があり、研修員は海外の大学や芸術団体で実践的な研修を行っています。この制度の詳しい内容は以下をご覧ください。


■出品作家
(※50音順、生年・表現領域・派遣年度・派遣国及び都市)
----------
加藤翼 Tsubasa KATO
1984年・現代美術・H26年度二年・アメリカ〈シアトル〉
----------
川久保ジョイ Yoi KAWAKUBO
1979年・写真・現代美術・H28年度・イギリス〈ロンドン〉
----------
木村悟之 Noriyuki KIMURA
1977年・メディアアート・H28年度・ドイツ〈ケルン〉
----------
志村信裕 Nobuhiro SHIMURA
1982年・現代美術・H27年度二年・フランス〈パリ〉
----------
白木麻子 Asako SHIROKI
1979年・現代美術・H27年度・ドイツ〈ベルリン〉
----------
蓮沼昌宏 Masahiro HASUNUMA
1981年・現代美術・H28年度・ドイツ〈フランクフルト〉
----------
松原慈 Megumi MATSUBARA
1977年・インスタレーション、建築・H24年度・モロッコ〈ラバト〉
----------
村山悟郎 Goro MURAYAMA
1983年・絵画・H27年度二年・オーストリア〈ウィーン〉
----------
和田的 Akira WADA
1978年・陶芸・H19年度特別・フランス〈パリ〉

○ゲスト作家
三瀬夏之介 Natsunosuke MISE
1973年・絵画


<公式ホームページ・SNS>
本展の公式ホームページと、各SNSで最新の展覧会情報をお届けします。
併せてご覧ください♫

◎展覧会ホームページ



作品リスト

加藤翼
《Pass Between Magnetic Tea Party》
2015年
Courtesy of Toyota Municipal Museum of Art and MUIN-TO Production

拡大画像を見る