アート・ベンチャー・オフィス・ショウ Art Venture Office SHOU

  1. HOME
  2. 美術展の企画
  3. 美術展のPR
  4. ミュージアムグッズ
  5. 会社情報
  6. SHOU ROOM

美術展の企画

未来を担う美術家たち

DOMANI・明日展 2008

<文化庁芸術家在外研修の成果>

会期:
2008年12月13日(土)~2009年1月26日(月)
場所:
国立新美術館 企画展示室 2E

文化庁では、将来の我が国芸術界を支える芸術家を支援するため、若手芸術家を海外に派遣し、その専門とする分野において研修の機会を提供する、「芸術家在外研修(新進芸術家海外研修制度)」を昭和42年から実施しています。
「DOMANI(ドマーニ)・明日展」は、平成9年度よりこの制度の成果発表として開催してまいりましたが、本年度より国立新美術館に会場を移して開催いたします。
今回は近年に派遣された研修生を中心に、15名の作家を紹介します。作家はこれまでの「DOMANI・明日展」に出品されたことのない初出品の方ばかりで、特定のジャンルからでなく、美術の様々な分野から選ばれました。その作品は今日の美術状況を反映し、表現領域が多岐にわたっています。会場を15のスペースに区分し、そこで各々の作家がみずからの世界を展開します。
本展を通して、美術界の明日を担う作家たちの多彩な表現に親しんでいただければ幸いです。

img_domani_500.jpg 12月16日(火)レセプションが盛況のうちに行われました。

 

 

DOMANI・明日展2008会期中に出品作家によるギャラリー・トーク、アート・パフォーマンスが行われました。作品解説や技法の説明、制作に至るまでの作家の思いなど、現在のアートシーンで活躍する作家の生の声を聞くために、毎回大勢のお客様が来場されて熱心に耳を傾けていらっしゃいまし た。                                

    IMG_0849.JPG           IMG_0825.JPG                  IMG_0874.JPG              IMG_0857.JPG

 

  

 

 

作品リスト

中井貞次(1974年度、イタリア・スペイン派遣)
≪独樹≫
2008年

田中 信太郎(1976年度、アメリカ・フランス派遣)
≪Basilica、あるいは無域のマリア≫
2002年

原直久(1976年度、西ドイツ・フランス派遣)
≪8-10134 1999/9/1 17:52 FONDAMENTA DE LE VESTE VENEZIA ITALIA≫
1999年

石井 勢津子(1981年度、アメリカ・フランス派遣)
≪Floating 1≫
1997年

舟越桂(1986年度、イギリス派遣)
≪見晴らし台のスフィンクス≫
2008年

山本 富章(1987年度、アメリカ派遣)
≪Delta6 ベルリンヴァージョン≫
2000年

ヒグマ 春夫(1990年度、アメリカ派遣)
参考図版 ≪DIFFERENCE≫
2002年

馬場 磨貴(2002年度、フランス派遣)
≪Absence≫
2005年

小林 浩(2002年度、アメリカ・インド・カナダ派遣)
≪定言命法≫
2008年

開発 好明(2005年度、アメリカ・ドイツ派遣)
参考図版≪Final Packing≫
2003年

駒形 克哉(2005年度、イタリア派遣)≪EXIENS CUM PEGMA SURCULIS GRAMATICA AQUAM(TEMPLO FORTUNAE DAT RHETORICAE)≫2008年

伴戸 玲伊子(2005年度、アメリカ派遣)
≪Holy Water≫
2008年

山本 晶(2005年度、アメリカ派遣)
≪実をうかす≫
2008年

小山 利枝子(2006年、オランダ派遣)
≪胎動≫
2008年

菱山裕子(2006年、イスラエル派遣)
≪いちじく≫
2003年