アート・ベンチャー・オフィス・ショウ Art Venture Office SHOU

  1. HOME
  2. 美術展の企画
  3. 美術展のPR
  4. ミュージアムグッズ
  5. 会社情報
  6. SHOU ROOM

美術展の企画

近現代 日本絵画展

~明治から受け継がれてきたもの、未来へ受け継いでいくもの~

会期:
2017年6月10日(土)~7月9日(日)
会期中無休
会場:
松坂屋美術館
時間:
10:00~19:30
ただし最終日7月9日(日)は18時閉館
(いずれも入館は閉館30分前まで)
料金:
一般1,000円(800円)
高・大生800円(600円)
中学生以下無料
( )内は前売り・団体割引料金
※団体は10名様以上
※障害者手帳・特定疾患医療受給者証をお持ちの方と付添の方1名様まで無料
主催:
松坂屋美術館、日本経済新聞社、テレビ愛知
後援:
愛知県・岐阜県・三重県・名古屋市 各教育委員会
企画協力:
アート・ベンチャー・オフィス ショウ
近代の日本の美術は、西欧からの美術を積極的に受け入れながら一方では、今までの日本独自の美術を守りつつ更に新たな地平を拓こうとする二つの潮流が交差しながら独自の発展を遂げてきました。それが今日まで日常的に使われている「洋画」、「日本画」という二つのジャンルの成り立ちにも深く関係しています。本展は、日本画と洋画の著名作家たちにより近現代日本絵画の流れを一挙に展覧しようとするものです。

 

■出品作家
日本画
橋本 雅邦/竹内 栖鳳/横山 大観/川合 玉堂/上村 松園/結城 素明/鏑木 清方
西山 翠嶂/川端 龍子/前田 青邨/堅山 南風/奥村 土牛/小野 竹喬/堂本 印象
小倉 遊亀/伊東 深水/児玉 希望/山口 華楊/上村 松篁/片岡 球子/秋野 不矩
東山 魁夷/杉山 寧/奥田 元宋/髙山 辰雄/守屋 多々志/加藤 東一/松尾 敏男
加山 又造/平山 郁夫/上村 淳之/牧 進/中島 千波/西田 俊英/龍口 経太
奥村 美佳/髙島 圭史/坂本 藍子/岩田 壮平

洋画
浅井 忠/黒田 清輝/藤島 武二/岡田 三郎助/熊谷 守一/藤田 嗣治/梅原 龍三郎
安井 曾太郎/岸田 劉生/林 武/東郷 青児/岡 鹿之助/荻須 高徳/小磯 良平
奥谷 博/中山 忠彦/森本 草介/山本 文彦/石黒 賢一郎/諏訪 敦/呉 亜沙
山本 大貴/高橋 舞子


◎イベント
①ギャラリートーク、公開制作
日時:6月10日(土)10:30~ 終了しました。
会場:松坂屋美術館会場内
奥村美佳氏(本展出品日本画家)と立島惠氏(佐藤美術館学芸部長)による公開制作とギャラリートーク
※無料(ただし展覧会入館料は必要です)

②ギャラリートーク
日時:6月18日(日)14:00~ 終了しました。
会場:松坂屋美術館会場内
岩田壮平氏(本展出品日本画家)と立島惠氏(佐藤美術館学芸部長)によるギャラリートーク
※無料(ただし展覧会入館料は必要です)


〈展覧会図録〉
図録 近現代日本絵画展

販売価格:1,500円(税込)

全ての出品作品、作家の略歴、生没年表が掲載されています。
また、美術用語の解説も記載されています。



作品リスト

森本 草介
《布を纏う裸婦》
1991年
エール蔵王 島川記念館蔵

拡大画像を見る

奥田 元宋
《㟴》
1979年
日本芸術院蔵

拡大画像を見る

西山 翠峰
《牛買ひ》
1934年
日本芸術院蔵

拡大画像を見る

岩田 荘平
《涛》
2015年
個人蔵

拡大画像を見る

黒田 清輝
《洋燈と二児童》
1891年
公益財団法人 ひろしま美術館蔵

拡大画像を見る

呉 亜沙
《迷子》
2016年
個人蔵

拡大画像を見る