アート・ベンチャー・オフィス・ショウ Art Venture Office SHOU

  1. HOME
  2. 美術展の企画
  3. 美術展のPR
  4. ミュージアムグッズ
  5. 会社情報
  6. SHOU ROOM

美術展の企画

明治150年 国立近現代建築資料館 開館5周年記念企画

明治期における官立高等教育施設の群像

旧制の専門学校、大学、高等学校などの実像を建築資料からさぐる

会期:
2018年10月23日(火)〜2019年2月11日(月)
休館日:2018年12月29日(土)〜2019年1月3日(火)
会場:
文化庁国立近現代建築資料館
時間:
10時00分~16時30分
料金:
【展覧会のみ閲覧】(平日のみ利用可能)
湯島地方合同庁舎正門よりご入館ください。
入館無料。都立旧岩崎庭園には入場できません。
【都立旧岩崎邸庭園と同時観覧】
都立旧岩崎邸庭園よりご入館ください。
旧岩崎邸庭園入園料(一般400円)が必要となります。
○主催: 文化庁
○特別協力: 文部科学省
○協力: 公益財団法人東京都公園協会
○企画: 文化庁国立近現代建築資料館
 平成30(2018)年は、明治元 (1868) 年から数えて150年、そして開館5周年と、わが国と当館が、それぞれにひとつの節目を迎える年です。当館では、その記念展「明治期における官立高等教育施設の群像」を開催します。
 近年、大学と高等教育のあり方が盛んに議論されるようになり、必要な思想や技術を蓄え、教え、新たな何かを創造する場としての大学を、その起源から説き明かす優れた研究書も刊行されています。「歴史的には、大学(ユニヴァーシティ)という語は宇宙(ユニヴァース)や学問の普遍性(ユニヴァーサリティ)とはまったく関係がない」1と言われますが、そこに示される大学の誕生は、ひとつの宇宙が誕生するかのようにダイナミックで、わたしたちが想像する以上に自由でもあって、驚きと意外性に満ちています。
 当展では、明治期の日本における、いわゆる「旧制」の、大学とそれ以外の専門学校や高等学校などの高等教育施設のそれぞれの誕生と、競い補完し合うダイナミックな相互の関係を、日本中から集めた図面や古写真などの建築資料を用いて、視覚的に、分かりやすく紹介します。どのような場で、どのような教育が行われたのか、その実像をご覧ください。
(展覧会チラシより)


監修:川向正人
   (国立近現代建築資料館主任建築資料調査官、東京理科大学名誉教授)
実行委員会:池上重康(委員長、北海道大学助教)
      笠原一人(京都工芸繊維大学助教)
      清水隆宏(岐阜工業高等専門学校准教授)
      山崎幹泰(金沢工業大学教授)


<ギャラリートーク>
資料館2階ロビーにて、会期中5回開催いたします。 
モデレーター:川向正人
■ギャラリートーク1
 11月3日|土| 14:00~
 『明治の学校建築~高等教育施設を中心に』
 藤森照信(江戸東京博物館館長)× 池上重康
■ギャラリートーク2
 11月17日|土| 14:00~
 『明治建築と旧制高校~四高、五高を中心に』
 中川武(明治村館長)× 山崎幹泰
■ギャラリートーク3
 12月8日|土| 14:00~
 『高等専門学校とは何か~京都高等工芸学校の教育を中心に』
 石田潤一郎(武庫川女子大学客員教授)× 笠原一人
■ギャラリートーク4
 12月22日 |土| 14:00~
 『旧制の大学・専門学校・高等学校のキャンパスと都市』
 伊藤毅(青山学院大学教授)× 清水隆宏
■ギャラリートーク5
 1月12日 |土| 14:00~
 『大学アーカイブズの中の建築資料』
 西山伸(京大文書館)× 加藤諭(東北大史料館)×森本祥子(東大文書館)
出演者は都合により変更する場合がございます。
詳細については、国立近現代建築資料館ホームページにてご確認ください。