アート・ベンチャー・オフィス・ショウ Art Venture Office SHOU

  1. HOME
  2. 美術展の企画
  3. 美術展のPR
  4. ミュージアムグッズ
  5. 会社情報
  6. SHOU ROOM

美術展の企画

万葉集1250年記念

万葉のこころを描く

会期:
茨  城 2009年4月25日(土)~6月7日(日) 茨城県天心記念五浦美術館
静  岡 2010年4月23日(金)~6月6日(日) 浜松市秋野不矩美術館
 万葉集は5世紀頃から8世紀にかけて詠まれた詩文学の原点であり、天皇、貴族から庶民まで幅広く詠まれた日本に現存する我国最古の歌集です。今年は、大伴家持が最後に歌を詠んだ年である759年から数えて、1250年という節目を迎えます。
 本展覧会は、その中から「万葉集1250年記念」として一堂に会し、作品のモチーフとなった万葉歌と口語訳、描いた作家の言葉も添えて紹介いたします。1250年の時を経て詠まれた歌と現代日本画家達が描いた作品のコラボレーションをぜひご覧いただければ幸いです。

manyocatalog.jpg
本展のカタログ表紙




<展示風景>
(浜松市秋野不矩美術館)←終了しました
万葉歌をテーマに描かれた日本画35点を展示。
オープニングセレモニーでは、万葉館館長中西氏による挨拶もありました。

万葉展会場風景1  万葉展会場風景2  万葉展会場風景3
万葉展会場風景4  万葉展会場風景5  万葉展会場風景6


 

作品リスト

奥田元宋 ≪明日香川夕照≫ 1996年

松尾敏男 ≪鶴鳴きわたる≫ 1996年

川﨑春彦 ≪鳥の声≫ 1998年

中野嘉之 ≪水辺と千鳥≫ 1999年

坪内滄明 ≪奈良春霞≫ 1997年