アート・ベンチャー・オフィス・ショウ Art Venture Office SHOU

  1. HOME
  2. 美術展の企画
  3. 美術展のPR
  4. ミュージアムグッズ
  5. 会社情報
  6. SHOU ROOM

美術展の企画

生誕110年記念

上村松篁展

会期:
2012年10月13日(土)~11月25日(日)
休館日:月曜日
場所:
茨城県天心記念五浦美術館
時間:
午前9時30分~午後5時(入館は閉館の30分前まで)
料金:
一般 600円
高校・大学生 400円
小学・中学生 200円

近代花鳥画の第一人者である上村松篁は、明治35年(1902)に上村松園の長男として生まれました。幼少から動植物や絵を好んだ松篁は、京都市立美術工芸学校・京都市立絵画専門学校に学び、大正10年(1921)に「閑庭迎秋」で帝展初入選を果たしました。
世界性に立脚する日本絵画の創造を目指して日展を離脱し、山本丘人・秋野不矩らと共に創造美術を結成し、透徹した自然観察をもとにした現代感覚あふれる花鳥画に新境地を拓き、昭和58年(1983)に文化功労者を翌年には文化勲章を受章しました。
本展は、松篁生誕110年を記念して、初期から晩年までの花鳥画の代表作を中心に、これまで紹介されることの少なかった歴史風俗画なども展示し、その芸術の全容と魅力に迫ります。

★みどころポイント★
上村松篁の生誕110年を記念する展覧会に相応しく、見応えのある大作約60点で構成されています。
丹念な筆使いの初期の屏風や軸作品から、転換期、古典回帰、そして晩年の作品においても、見事な大作ばかりで、とても豪華絢爛な展覧会になっています。
なかでも「門外不出」とされている《万葉の春》と《燦雨》の大作2点が出品されているのは、必見です。
花鳥画と凛とした空気感、《万葉の春》のたおやかな人物が、どの作品もいつまでも観ていたいと思わせるような作品ばかりです。
上村松篁の画業の全容を一堂に観ることのできる貴重な展覧会を是非ご覧ください。(河合)

作品リスト

上村松篁
《ハイビスカスとカーディナル》 1964年

松伯美術館蔵

上村松篁
《閑庭迎秋》 1921年
絹本彩色 六曲一隻

松伯美術館蔵

上村松篁
《草原八月》 1956年
紙本彩色

松伯美術館蔵

上村松篁
《緋桃》 1970年
紙本彩色

松伯美術館蔵

上村松篁
《丹頂(一対)》 1980年
紙本彩色

松伯美術館蔵