アート・ベンチャー・オフィス・ショウ Art Venture Office SHOU

  1. HOME
  2. 美術展の企画
  3. 美術展のPR
  4. ミュージアムグッズ
  5. 会社情報
  6. SHOU ROOM

ミュージアムグッズ

企画展グッズ

イギリス・ウェールズ国立美術館所蔵

ターナーからモネへ(熊本県立美術館/熊本県・熊本市)

会期:
2017年7月29日(土)~9月10日(日)
休館日:月曜日
ただし8月14日(月)は開館
8月28日(月)は「障がいのある方々の鑑賞デー」として開館(一般の方もご入場いただけます)
会場:
熊本県立美術館
時間:
午前9時30分~午後5時15分
※入館は午後4時45分前まで
料金:
一般 1,300円(1,100円)
高校・大学生 800円(600円)
中学生以下/障がい者手帳お持ちの方 無料
※()内は20名以上の団体料金
主催:
熊本県立美術館、KKT熊本県民テレビ、読売新聞社
世界的な名画を多数所蔵する、ウェールズ国立美術館より、およそ90点の作品が集う企画展です。当館でもおなじみのルノワール。彼も参加していたフランスの印象派は、当館にお越しになったみなさまもご存知かもしれません。その印象派の画家たちが自身のスタイルを確立する直前に触れたのは、彼らの先輩世代にあたるターナーら、隣国イギリスの黄金時代の絵画でした。
 本展覧会では、イギリス美術を当時最先端の地位に押し上げた、ターナーやコンスタブル、そしてロセッティらラファエル前派などの絵画と、彼らと時には同じ志を持ち、また時にはライバルとして意識していたフランスの美術から、ミレー、クールベ、マネ、ピサロ、モネら、バルビゾン派や印象派の画家たちの作品が並びます。ヨーロッパでも早く近代化を果たした2国は、そのために向き合う問題も似通うものがあり、美術でも扱うテーマに共通点が見られます。本展覧会では、19世紀から20世紀初頭までのおよそ100年間の両国の美術の変遷をたどります。それぞれの画家たちの交流、切り開いた道、そして個性の違いをお確かめください。
 印象派の画家たちもインスピレーションを得たイギリスの絵画。特に風景画ではしばしば景勝地としてブリテン島南西部・ウェールズの土地が登場します。この地の美術館の特色あるコレクションは、芸術家たちが交流によって同じ問いを共有する、国や文化、歴史の違いだけでは見えてこない近代西洋美術の歴史を明らかにします。
 この夏、本展覧会は九州でも有数の西洋絵画展となります。再建中の熊本城とあわせて、どうぞ熊本県立美術館本館にご来館ください。
美術館ホームページより


◎本展では、展覧会オリジナルの商品を制作し
 美術館特設ショップにて販売をしていただきます。
 また、関連商品として出品作家作品のポストカードや
 ポスター、イギリス輸入品などを取り揃えます。

【オリジナル商品】 ★熊本会場での取扱いアイテム
・ポストカード(20種類) 120円 
・A4額絵(2種類) 400円 
・マット付きポストカード(5種類) 800円 
・額装ポストカード(5種類) 2,100円 
・A4クリアファイル(2種類) 380円 
・一筆箋(2種類) 450円 
・アクリルマグネット(4種類) 450円 
・チケットファイル(2種類) 600円 
・ナイロントートバッグ(1種類) 2,160円 
・黒豆きな粉飴(2種類) 650円 
・チロルチョコ&しおりセット(1種類) 650円
・浮き星/あられ菓子(2種類) 800円 
・チョコレートBOX(2種類) 750円
・ミニ複製画(6種類) 7,560円 
すべて税込

【ショップ風景】
ターナーからモネへ 熊本県立美術館ターナーからモネへ 熊本県立美術館
ターナーからモネへ 熊本県立美術館


※以下の写真は巡回先の広島県立美術館
ターナーからモネへ 広島県立美術館ターナーからモネへ 広島県立美術館
ターナーからモネへ 広島県立美術館ターナーからモネへ 広島県立美術館
ターナーからモネへ 広島県立美術館ターナーからモネへ 広島県立美術館
ターナーからモネへ 広島県立美術館







商品リスト

ポストカード

展覧会鑑賞の記念や、お気に入り作品をお手元に!

17種類

販売価格:120円(税込)

拡大画像を見る

浮き星(あられ菓子)缶入り

甘さ控えめのお菓子浮き星は、もち米に砂糖蜜をかけた素朴なお菓子です。パクパクそのまま食べてもよし、湯呑に入れてお湯を注いだものでも楽しめます。(砂糖が解けてあられが浮かんできます!)
パッケージの缶を小物入れにどうぞ♪

2種類
クロード・モネ
《サン・ジョルジョ・マッジョーレ、黄昏》
《パラッツォ・ダリオ》

販売価格:800円(税込)

拡大画像を見る