アート・ベンチャー・オフィス・ショウ Art Venture Office SHOU

  1. HOME
  2. 美術展の企画
  3. 美術展のPR
  4. ミュージアムグッズ
  5. 会社情報
  6. SHOU ROOM

ミュージアムグッズ

企画展グッズ

三百六十度の世界 松本哲男展
(茨城県天心記念五浦美術館/茨城県・北茨城市)

会期:
2017年7月15日(土)~8月27日(日)
休館日:月曜日
ただし、7月17日(月)は開館、翌18日(火)は休館
会場:
茨城県天心記念五浦美術館
時間:
午前9時~午後5時(入場は午後4時30分まで)
料金:
一般 620円(510円)
高校・大学生 410円(310円)
小学・中学生 210円(150円)
 ※()内は20名以上の団体料金
 ※満70歳以上の方及び身体障害者手帳、療育手帳等をご持参の方は無料
 ※7月15日(土)は高校生以下無料
主催:
茨城県天心記念五浦美術館、松本哲男展実行委員会
後援:
茨城新聞社、毎日新聞水戸支局、読売新聞水戸支局、朝日新聞水戸総局、
産経新聞社水戸支局、東京新聞水戸支局、NHK水戸放送局、
株式会社茨城放送、北茨城市
院展を中心に活躍した松本哲男(1943‐2012)は、画家自身が語る「三百六十度の世界」、すなわち、自らを取り囲む、前後上下左右全てを描き続けた日本画家です。松本は、描きたい対象に向き合い、納得いくまで写生を続けるという制作スタイルを貫きました。写生とは言っても、目に見える風景を客観的に凝視して描くだけではなく、「地べた」に腰を下ろしてその場の空気や風、におい、気温など全身で感じ取った自然の存在をも描こうとしました。この制作スタイルは、初期の那須の風景にはじまり、素朴で雄大なアジアの風景、《マチュピチュ》などの世界遺産や世界三大瀑布というように描く対象が大きくなっていっても徹底されました。こうして、横12メートルにも及ぶ大作《ヴィクトリア・フォールズ》や《イグアス》など、臨場感あふれる壮大なスケールの作品を創り上げていったのです。晩年には、主題を古代文明に拡げ、エジプト、南米などの遺跡に取材した作品を発表しました。
 松本哲男が2012年に没してから、その画業を振り返る初の機会となる本展覧会では、院展出品作を中心に創作エネルギーに溢れる日本画38点及び関連素描を紹介します。
(展覧会ホームページより)



■ワークショップ
「松本哲男氏が描いた場所に旅に出よう!!」
松本氏が描いた場所をピックアップしました。
行ったことがある・行ってみたい場所にシールを貼っていただくワークショップです。
松本哲男展ワークショップ


◎特設ショップ
オリジナル商品(はがき、クリアファイル、ベルボワット、黒豆きな粉飴)から和雑貨、書籍、輸入品を取りそろえています。
輸入品は、松本氏がペルーのマチュピチュを描いていますので、南米の商品を集めてみました。

松本哲男展ショップ①松本哲男展ショップ②
松本哲男展ショップ③松本哲男展ショップ④