アート・ベンチャー・オフィス・ショウ Art Venture Office SHOU

  1. HOME
  2. 美術展の企画
  3. 美術展のPR
  4. ミュージアムグッズ
  5. 会社情報
  6. SHOU ROOM

ミュージアムグッズ

企画展グッズ

茨城県天心記念五浦美術館 開館20周年記念

龍を描く(茨城県天心記念五浦美術館/茨城県・北茨城市)

―天地の気

会期:
2017年10月25日(水)~11月26日(日)
休館日:月曜日
 ※ただし11月13日(月)〔茨城県民の日〕は開館
会場:
茨城県天心記念五浦美術館
時間:
午前9時30分~午後5時(入場は午後4時30分まで)
料金:
一般 820円(720円)
高校・大学生 620円(510円)
小学・中学生 310円(210円)
 ※11月13日(月)は茨城県民の日のためすべての方が無料
 ※()内は20名以上の団体料金
 ※土曜日は高校生以下無料
 ※満70歳以上の方および身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、
   療育手帳などをご持参の方は無料
主催:
茨城県天心記念五浦美術館
後援:
茨城新聞社、毎日新聞水戸支局、読売新聞水戸支局、
朝日新聞水戸総局、産経新聞社水戸支局、
東京新聞水戸支局、NHK水戸放送局、株式会社茨城放送、
北茨城市
協賛:
株式会社常陽銀行、アート・ベンチャー・オフィス ショウ

全身を鱗が覆い、蛇のように長い胴、鋭く長い爪を持つ手足、そしてワニのような大きな口と角の生えた顔というように、誰もが思い描くことができるその姿形によって、龍は古くから描かれてきました。明治以降、新しい時代にふさわしい絵画を目指した画家たちは、その決まった姿形の龍をどのように表現し、それぞれの個性を発揮してきたのでしょうか。南北朝時代から江戸時代までの龍図とともに近現代の画家たちの作品を紹介することで、その模索の軌跡を考えます。同時に、展覧会を通じて、龍という伝統的なモチーフがいかに多彩で魅力溢れる表現を生み出してきたのかをご覧いただけます。
龍を描く 茨城県天心記念五浦美術館


◎美術館イベントに参加してプレゼントをもらおう!
 <SNS拡散で毎日先着合計60名にプレゼント>
 展望ロビーと展示室天井に展示する特定の作品は撮影自由。*SNSでの拡散も大歓迎。
 アップされた方にはオリジナルチケットホルダーをプレゼントします!
 さらに、
*展覧会特設ショップをSNSにアップ、
 *ミュージアムショップ(特設ショップを除く)でのお買い物でも、
 それぞれ毎日先着20名様にプレゼント!
 龍を描く チケットフォルダー


◎本展では、展示会場出口付近にて特設ショップを展開し
 展覧会オリジナル商品をはじめ、関連商品の販売、
 参加自由型ワークショップを掲示します。


◎ショップ風景
龍を描く 茨城県天心記念五浦美術館
大きな龍のモチーフで、ショップを作りました。



◎ワークショップ
みんなで参加しよう!

★1★ シールを貼って、龍の絵を完成目指します!!
龍を描く 茨城県天心記念五浦美術館

★2★ 龍(辰年)の方はどの位いらっしゃるかな?
龍を描く 茨城県天心記念五浦美術館


◎オリジナル商品
下部の写真つき商品のほかにも多くのアイテムを販売します。(すべて税込)
・ポストカード(11種類) 120円
・額装ポストカード(5種類) 2,000円
・マット付き額絵(8種類) 1,200円
・アクリルマグネット(4種類) 450円
・B4額絵(1種類) 400円
・ナイロントートバッグ黒(1種類) 2,160円
・黒豆きな粉飴(2種類) 650円
・チョコレートBOX(2種類) 750円

◎関連商品
・所蔵館ポストカード
・樹脂製龍置物
・銅製龍置物
・七宝焼き龍ストラップ
・九谷焼豆皿
・手ぬぐい
・マグカップ
・扇子
・縮小屏風
・五浦サブレ
・シラスやき煎餅
その他、書籍多数

商品リスト

りゅうなんしぇ(フィナンシェ)

五浦美術館と茨城大学「日本一につながる学食プロジェクト」のコラボ商品!茨城県の奥久慈茶・猿島茶を使用し、龍をイメージした緑色のフィナンシェです!

1種類

価格:648円(税込)

拡大画像を見る