アート・ベンチャー・オフィス・ショウ Art Venture Office SHOU

  1. HOME
  2. 美術展の企画
  3. 美術展のPR
  4. ミュージアムグッズ
  5. 会社情報
  6. SHOU ROOM

ミュージアムグッズ

企画展グッズ

パナソニック 汐留ミュージアムコレクション

ジョルジュ・ルオー展(山形美術館/山形県・山形市)

20世紀フランス絵画ー心揺さぶる色彩の輝き

会期:
2018年4月5日(木)〜5月13日(日)
休館日:月曜日
4月30日(月・祝)は開館し、5月1日(火)休館
場所:
山形美術館
時間:
午前10時00分〜午後5時00分
※入館受付は午後4時30分まで
料金:
一般 1,200円
高大生 800円
小中生 500円
 ※20名以上の団体は各2割引
 ※土曜日は小中生無料
 ※障がい者割引あり
主催:
山形新聞・山形放送、公益財団法人山形美術館
共催:
山形県、公益財団法人山形県生涯学習文化財団
後援:
山形市
 黒の線画と鮮やかな色彩で独自の絵画世界を描き続けた20世紀フランス絵画の巨匠、ジョルジュ・ルオー(1871-1958)を紹介する展覧会です。
 ルオーの関心は単なる色彩や造形の新しさを超えて、人間の魂の奥深くを描くことにありました。わたしたち人間が抱える苦しみや悲しみを正面から見すえ続けたルオーの作品は、多様な価値観が共存する現代社会でも、今なお多くの人々を魅了し続けています。
 本展は、質の高いルオー・コレクションで知られるパナソニック 汐留ミュージアム(東京)の所蔵品により構成するもので、初期から晩年まで70年にわたるルオーの画業をたどります。《キリスト》、《道化師》、キリストと漁夫たち》、版画集『ミセレーレ』などの代表作とともに、実験的な油彩作品、版画連作などその芸術の全容を紹介します。
 山形美術館の「服部コレクション」「吉野石膏コレクション」の作品と併せて鑑賞することで、フランス近代絵画の流れと20世紀以降の多彩な表現の魅力への理解はさらに深まっていくことでしょう。心揺さぶる色彩の輝きをご堪能ください。
美術館ホームページより
◎本展では出品作品のポストカード、しおりやポスター(小)、フランス輸入菓子、桜関連グッズ、画材や書籍といったアイテムを取り揃えて特設ショップで販売します。


【ショップ風景】
rouault_yamagata_shop5.JPGrouault_yamagata_shop4.JPG
rouault_yamagata_shop3.JPGrouault_yamagata_shop2.JPG