アート・ベンチャー・オフィス・ショウ Art Venture Office SHOU

  1. HOME
  2. 美術展の企画
  3. 美術展のPR
  4. ミュージアムグッズ
  5. 会社情報
  6. SHOU ROOM

ミュージアムグッズ

企画展グッズ

秋野不矩美術館 開館20周年記念、秋野不矩 生誕110年記念

特別展 秋野不矩―あふれる生命の輝き

会期:
2018年11月3日(土)~2019年1月14日(月)
前期:2018年11月3日(土)~12月2日(日)
後期:2018年12月5日(水)~2019年1月14日(月)
※会期の前後半で展示替えを行い、展示作品を総入れ替えします。
休館日:月曜日(但し、12月24日、1月14日は開館)、12月4日(火)、12月25日(火)〜1月3日(木)
会場:
浜松市秋野不矩美術館
時間:
午前9時30分〜午後5時00分
料金:
大人800(640)円、高校生500(400)円、小中学生300(240)円
主催:
浜松市秋野不矩美術館、静岡新聞社・静岡放送
協賛:
遠州鉄道(株)、天竜浜名湖鉄道(株)
企画協力:
アート・ベンチャー・オフィス ショウ
秋野不矩美術館開館20周年の節目の年を飾る特別展として、秋野不矩(あきの ふく、1908-2001)の生誕110年記念展を開催します。
秋野不矩は、静岡県磐田郡二俣町(現・浜松市天竜区二俣町)に生まれ、19歳で画家の道を志し、始め千葉の石井林響、次いで京都の西山翠嶂に師事しました。西山の画塾・青甲社にて研鑽を積みながら、官設展覧会で入選・受賞を重ねて着実に地歩を固めますが、戦後、官展や画壇における閉鎖性に憂いを覚え、1948(昭和23)年、新しい日本絵画の創造を掲げる在野の日本画団体・創造美術(現・創画会)の結成に参加し、造形的な人物表現に意欲的に取り組みました。1962(昭和37)年、54歳でインドへ滞在して以降は、インドの情景を力強く描き上げるようになり、雄渾な筆致とみずみずしい色彩によって独自の画風を築き上げました。亡くなる最後まで画家として貫いた93年の生涯は、1999(平成11)年の文化勲章受章など数々の栄誉で彩られ、没後10数年が経った今もなお、活力に満ちた輝きを放っています。
本展では、画家の生誕110年に臨んで、画業初期から晩年に至るまでの作品を通貫して展示し、自己の芸術を追い求めて邁進した秋野不矩の創作活動の道筋を振り返ります。
(美術館ホームページより)

◎本展では、絵葉書、A4クリアファイルの展覧会オリジナル商品の
 販売をしていただいております。


【巡回先】
・田辺市立美術館/2019年2月9日(土)〜3月24日(日) 


商品リスト

絵葉書

秋野不矩
《ヴィシュヌプール寺院》京都府蔵(京都文化博物館管理)
《猫(花の猫)》小さなサロン美術館蔵
《紅裳》京都市美術館蔵
《朝露》耕三寺博物館蔵

販売価格:100円(税込)

拡大画像を見る

A4クリアファイル

秋野不矩《渡河》 浜松市秋野不矩美術館蔵

販売価格:300円(税込)

拡大画像を見る