アート・ベンチャー・オフィス・ショウ Art Venture Office SHOU

  1. HOME
  2. 美術展の企画
  3. 美術展のPR
  4. ミュージアムグッズ
  5. 会社情報
  6. SHOU ROOM

美術展のPR

未来を担う美術家たち

18th DOMANI・明日展

文化庁芸術家在外研修の成果

会期:
2015年12月12日(土)~2016年1月24日(日)
休館日: 毎週火曜日
2015年12月22日(火)~2016年1月5日(火)は年末年始休館
会場:
国立新美術館 企画展示室2E
時間:
午前10時~午後6時 、毎週金曜日は午後8時まで
入場は閉館の30分前まで
料金:
一般 1,000円(800円)
大学生 500円(300円)
※( )内は前売および20名以上の団体料金
※高校生、18歳未満の方(学生証または年齢のわかるものが必要)および障害者手帳をお持ちの方と付添の方1名は無料
※団体券は国立新美術館でのみ販売
※前売券は、展覧会ホームページ、ローソンチケット(Lコード:33902)、イープラスでお求めください (11月1日(日)から12月11日(金)まで販売。以降は当日券を取り扱っております)
主催:
文化庁、国立新美術館、読売新聞社
文化庁は、将来の我が国の芸術界を支える芸術家を育成するため、若手芸術家等が海外の大学や芸術関係機関等で行う研修を支援する「新進芸術家海外研修制度」(※)を1967年度から実施し、「DOMANI・明日展」はその研修の成果発表の場として1998年に始まりました。

第18回を迎える本展は、研修を終えたフレッシュな作家たちのショウケースとなるようにヴァージョン・アップし、「表現と素材 物質と行為と情報の交差」というテーマを設けて開催いたします。

今日のアーティストにとって、表現のための素材は、物質だけではなく、行為や行動そのもの、情報のようにかたちを伴わないものも、その範疇にはいります。素材の対象が大きく変化してきている背景には、現代社会が高度に情報化したことや、発達著しいテクノロジーの影響により、私たちが世界をとらえる感覚がかわってきたことがあげられるでしょう。物質、行為、情報等、あらゆるものが素材となりうる中で、作家は自らの表現に適した素材を選び、創作しています。

今回は、2000年以降の海外研修経験者のなかから特に表現と素材の関係が際立つ作家を中心に選び、さらにこれまであまり紹介する機会のなかった「文化庁優秀美術作品買上制度」で作品が文化庁の所蔵となっている作家から、今回のテーマにも合致する木版表現の風間サチコも加えて展覧いたします。国立新美術館の豊かな空間を生かした絵画、彫刻、版画、染織、モザイク、アニメーション、映像、インスタレーションといった多彩な12の展示に加え、保存・修復分野の研修生の成果も紹介し、美術を支える分野への理解も深める機会ともします。

関連イベントとして、今回は例年好評をいただいている出品者によるギャラリートークに加え、2回の座談会設けます。出品作家2名と、ゲストとして片岡真実氏(森美術館チーフキュレーター)を迎え、「滞在制作」をテーマとしたものと、近年、文化庁が力を注いでいる建築分野の「アーカイブ」について、藤本貴子氏(平成25年度研修員、現・国立近現代建築資料館研究補佐員)と山名善之氏(東京理科大学理工学部教授)のセッションを開催いたします。


※新進芸術家海外研修制度
文化庁が若手芸術家を海外に派遣し、その専門とする分野の研修を支援する制度。1967年度以来、約3,200名を派遣してきました(うち美術部門は約1,200名)。美術、音楽、舞踊、演劇、映画、舞台美術等、メディア芸術の各分野を対象に1年、2年、3年、特別(80日間)、短期(20日~40日)及び高校生(350日)の6種類があり、研修員は海外の大学や芸術団体で実践的な研修を行っています。この制度の詳しい内容は以下をご覧ください。
http://www.bunka.go.jp/seisaku/geijutsubunka/shinshin/


◎展覧会ホームページ: http://domani-ten.com/

◎Twitter: @DOMANI_ten
18thDOMANI展長
 毎日ツイートしています。フォローをお願いします。


◆イベント◆
ギャラリートーク 
 国立新美術館2階 企画展示室2E内 
 参加無料・事前申込不要

  ①2015.12.13 (日) 14:00-15:30 木島孝文、佐伯洋江、野田睦美
  ②2015.12.19 (土) 14:00-15:30 ALIMO、田村友一郎、石井美恵
  ③2016.01.09 (土) 14:00-15:30 富岡直子、西ノ宮佳代、奥村祥子
  ④2016.01.16 (土) 14:00-15:30 線幸子、古川あいか、松岡圭介

   ※ 参加無料ですが, 展示室に入る際に本展の観覧券が必要です。

座談会 
 国立新美術館3階研修室A,B 
 参加無料・事前申込要・定員50名

 ①2015.12.12 (土) 15:00-16:30 
  「オープニング記念 河岸をかえる!滞在制作のススメ」
パネリスト|栗林隆 風間サチコ  
ゲスト|片岡真実氏 (森美術館チーフキュレーター)

 ②2015.12.13 (日) 11:00-12:30 
  「スペシャル対談 アーカイブを海外で学ぶ!― 建築分野を例に」
藤本貴子氏(平成25年度研修員、現・国立近現代建築資料館研究補佐員)
山名善之氏(東京理科大学理工学部教授)
    [参考]国立近現代建築資料館 http://nama.bunka.go.jp/

《申込方法》
展覧会事務局宛にFAX(03-3485-7851)かメール(avo-shou.pr@ktd.biglobe.ne.jp)で「郵便番号・住所・氏名・電話番号・メールアドレス・人数」をご記入の上、各イベントの1週間前までにお申込み下さい。応募多数の場合は抽選とさせていただきます。後日、当選者の方にのみご連絡いたします。

※ 内容や日時は変更となる場合がございます。最新情報はハローダイヤル、展覧会ホームページをご確認ください。