アート・ベンチャー・オフィス・ショウ Art Venture Office SHOU

  1. HOME
  2. 美術展の企画
  3. 美術展のPR
  4. ミュージアムグッズ
  5. 会社情報
  6. SHOU ROOM

美術展のPR

タグチ・アートコレクション

GLOBAL NEW ART

―現代アートをもっと楽しむために―

会期:
2011年7月12日(火)~8月31日(水)
休館日:月曜日 ※ただし、7月18日(月・祝)は開館
場所:
損保ジャパン東郷青児美術館
時間:
午前10時~午後6時
※最終入場は閉館の30分前まで
料金:
一般 1,000円
大学・高校生 600円
シルバー(65歳以上) 800円
中学生以下 無料

現代アートは、世界の新しい見方や可能性に気づかせてくれます。しかし、音楽やファッションほど身近にアートを楽しむ人は、まだそれほど多くありません。
今回展示される作品は、国際展や世界的なギャラリーで活躍する作家を集めているコレクターの田口弘さん(※)によるもので、魅力と実力をかねそなえた約40作品をご観覧いただけます。会場では、作品や作家の考えとあわせて、アートと暮らすコレクターの部屋もご紹介します。

 ※田口 弘 1937年生まれ
株式会社ミスミの社長時代から、現代アメリカ美術を中心にミスミコレクションを築き、1996年ころからは「タグチ・コレクション」として現代アートの収集をしている。

【会場風景】
本展の出品作品の1つは、1階に展示されています。
こちらもお見逃しなくご覧ください。
GLOBAL NEW ART 会場風景 GLOBAL NEW ART 会場風景
GLOBAL NEW ART 会場風景
GLOBAL NEW ART 会場風景


【ポスター】

京王線新宿駅西口に掲出されています。
GLOBAL NEW ART 京王線新宿駅

新宿駅西口ブライトサインに3種類掲出されています。
GLOBAL NEW ART
GLOBAL NEW ART
GLOBAL NEW ART

京王井の頭線・渋谷駅改札前の柱に掲出されています。
GLOBAL NEW ART

京王線の車内にポスターが掲示されています。
GLOBAL NEW ART 車内吊り


【上映会】終了しました
『ハーブ&ドロシー』
  
郵便局員のハーブと、図書館司書のドロシー。
夫婦共通の楽しみは現代アートのコレクション。
選ぶ基準は「自分たちの給料で買える値段」「1LDKのアパートに収まるサイズ」。
実在する現代アートコレクター、ヴォーゲル夫妻を追った感動のドキュメンタリー作品。
お金が無くても、情熱や愛情があれば、人生を豊かにできる。
ハーブ&ドロシー
日   時:7月17日(日)/7月18日(月・祝)
       いずれも午後2時~午後3時30分
会   場:損保ジャパン本社ビル(美術館と同じビル) 2階大会議室
料   金:無料、ただし本展チケット(半券可)が必要です
定   員:各200名(当日先着順)
受付開始:午後1時(開場は午後1時30分)
受付方法:損保ジャパン本社ビル1階 上映受付に本展チケットをご提示ください。
       チケット1枚につき「ハーブ&ドロシー」鑑賞券をお渡しします。
       ※定員になり次第、受付は終了いたします。

損保ジャパン東郷青児美術館ホームページ