アート・ベンチャー・オフィス・ショウ Art Venture Office SHOU

  1. HOME
  2. 美術展の企画
  3. 美術展のPR
  4. ミュージアムグッズ
  5. 会社情報
  6. SHOU ROOM

美術展のPR

長谷川利行展

会期:
2018年5月19日(土)~7月8日(日)
前期:5月19日(土)~6月10日(日)
後期:6月12日(火)~7月8日(日)
休館日:毎週月曜日
会場:
府中市美術館
時間:
10:00~17:00(入場は16:30分まで)
料金:
一般900円(720円)
高校生・大学生450円(360円)
小学生・中学生200円(160円)
※( )内は20名以上の団体料金
※未就学児および障害者手帳等をお持ちの方は無料
※ 府中市内の小中学生は「府中っ子学びのパスポート」で無料
※ 常設展もご覧いただけます
主催:
府中市美術館
後援:
朝日新聞社
協力:
長谷川利行の会

プレスリリース:  PDFダウンロード(2.3 MB) Adobe Reader

関東大震災から太平洋戦争の直前まで、昭和初期の東京を歩き回り、怒濤のように描きまくった画家がいました。近代化が進む荒川・隅田川沿い、千住のガスタンクやお化け煙突。隅田公園にできたばかりの屋外プール。あるいは浅草の神谷バー、カフェ、地下鉄の駅の賑わい。その街に暮らす、カフェの女給や浅草の芸人、質屋の子守といった無名の人々。復興進む大東京の光と影を、七色に輝く絵の具で描きとめました。

 長谷川利行(はせかわとしゆき、1891-1940)、通称リコウ。京都に生まれ、20代は短歌の道を志し、30歳を過ぎてから上京。ほとんど独学と思われる油絵が二科展や1930年協会展で認められます。しかし生活の面では、生来の放浪癖からか、浅草や山谷、新宿の簡易宿泊所を転々とするようになり、最後は三河島の路上で倒れ、板橋の東京市養育院で誰の看取りも無く49年の生涯を閉じます。

利行の絵はその壮絶な生き様からは想像できないほど、明るい輝きに満ちて、時に幸福感さえ感じさせます。奔放に走る線、踊るような絵の具のかたまりが、行く先々の現場で描いた利行の目と手の動きをそのまま伝えます。本展では、近年の再発見作《カフェ・パウリスタ》《水泳場》、約40年ぶりの公開となる《夏の遊園地》、そして新発見の大作《白い背景の人物》など、代表作を含む約140点で利行の芸術の全貌を紹介します。
(HPより)


■20分スライドレクチャー
午後2時 当館講座室 無料
5月20日(日)、6月2日(土)、10日(日)、16日(土)、24日(日)、30日(土)

■展覧会講座
午後2時 当館講座室 無料
・6月17日(日)
「利行が歩いた東京」小林真結(当館学芸員)
・7月7日(土)
「美術と生活」原田光(本展監修者、美術史家)



【巡回情報】
・7月21日(土)~9月9日(日)    碧南市藤井達吉現代美術館
・9月22日(土)~11月4日(日)     久留米市美術館
・11月13日(火)~12月24日(月・祝) 足利市立美術館