アート・ベンチャー・オフィス・ショウ Art Venture Office SHOU

  1. HOME
  2. 美術展の企画
  3. 美術展のPR
  4. ミュージアムグッズ
  5. 会社情報
  6. SHOU ROOM

美術展のPR

長谷川利行展

会期:
2018年3月24日(土)~4月22日(日)
休館日:毎週月曜日
会場:
福島県立美術館
時間:
9 : 30~17 : 00(最終入館は16 : 30まで)
料金:
一般・大学生1,000円(800円)
高校生600円(500円)
小・中学生400円(300円)
( )内は20名以上の団体
主催:
福島県立美術館
協力:
長谷川利行の会

プレスリリース:  PDFダウンロード(2.3 MB) Adobe Reader

京都に生まれた長谷川利行(1891~1940)は、多感な青春時代を文学に傾倒し、自ら歌集も出版します。30歳頃に上京、本格的に絵画を志して作画活動に没頭し、36歳で第14回二科展・樗牛賞、翌年には1930年協会展で奨励賞を受賞するなど、一挙に画家としての天賦の才能を開花させました。しかし、いつしか酒に溺れドヤを転々とする日銭暮らしを送るようになり、病で路上に倒れ、東京市養育院で行路病者として49歳の生涯を閉じました。

独自に体得した利行の油彩画は、自由奔放な筆致と天性の明るい色彩に溢れ、当時の画壇に衝撃を与えました。関東大震災から復興を遂げつつあった昭和初期、汽車や駅、モダンなビルディング、カフェや酒場の喧騒といった街の息遣いを、速筆で鮮やかに描き出します。知人、友人、カフェの女給や子供達を描いた人物画では、どれも描かれる人に心底寄り添い、その人の本質や生命感をカンヴァスの上に描き出します。これらの作品は、その波乱に満ちた人生からは想像出来ないほど、どれも凄まじいまでの美しさと宝石のような輝きに満ちています。

戦前の日本を破天荒に生きた画家・長谷川利行が亡くなって、70余年が過ぎようとしています。近年、《カフェ・パウリスタ》や《水泳場》といった長年所在不明となっていた油彩の大作が相次いで発見され、長谷川作品の古びぬ魅力が再び注目されています。18年ぶりの大規模回顧展となる本展では、それらの再発見作品を含め、油彩、水彩、素描、ガラス絵等の代表作約140点によって、改めて長谷川利行の画業の全貌を紹介します。


【巡回情報】
・5月19日(土)~7月8日(日)    府中市美術館
・7月21日(土)~9月9日(日)    碧南市藤井達吉現代美術館
・9月22日(土)~11月4日(日)     久留米市美術館
・11月13日(火)~12月24日(月・祝) 足利市立美術館