アート・ベンチャー・オフィス・ショウ Art Venture Office SHOU

  1. HOME
  2. 美術展の企画
  3. 美術展のPR
  4. ミュージアムグッズ
  5. 会社情報
  6. SHOU ROOM

美術展のPR

生誕150年

ルネ・ラリック

華やぎのジュエリーから煌きのガラスへ

会期:
2009年6月24日(水)~9月7日(月)
場所:
国立新美術館

ルネ・ラリック(1860-1945)は、19世紀から20世紀半ばにかけて、アール・ヌーヴォーのジュエリー制作者、アール・デコのガラス工芸家として、二つの創作分野で頂点を極めた人物として知られています。1900年のパリの万国博覧会、1925年のアール・デコ博覧会で国際的な脚光を浴びた彼の作品は、工芸の価値を、絵画や彫刻のなどの純粋美術と同じレベルにまで高めるとともに、生活に新たな美意識をもたらすものとして異例の評価をうけました。21世紀を迎えた現在、そうした見解は改めて解証され、ラリックへの賞賛は日を追って高まりつつあります。

 生誕150年を記念する本展では、国内外のコレクションから厳選された約400点の作品を一堂に集め、ジュエリー時代とガラス時代の二つの人生を歩んだラリックの創作の全容を紹介します。夢見るジュエリーから光溢れるガラスの空間へ、小さな手作りの世界から近代的な産業芸術へ広がりを見せたラリックの美の世界。それは、一本の鉛筆を手に、かつて誰も目にしたことがない美の輝きを一筋に追い求めた、ひとりの芸術家のイマジネーションから紡ぎだされたものでした。

グルベンキアン美術館秘蔵のティアラや、アール・デコ博覧会で話題となった野外噴水塔のガラスの女神、蓮花のテーブル・セッティングほか、カーマスコット全種類などが出品される本展では、時代を駆け抜けたラリックの輝かしい創造の軌跡を、かつてない規模で展覧します。




★おすすめポイント★
 今回の「ルネ・ラリック」展の作品は、女性を魅了するジュエリーやガラス作品だけではなく、車好きな男性も楽しんでいただけるカーマスコットが展示されます。なかでも、彫刻的フォルムでスピードの世紀を象徴した《勝利の女神》は、代表する傑作のひとつです。また、車好きで有名な鍋島直泰侯爵がボディをデザインし、実際にカーマスコットを装着していた高級車「イスパノスイザ」が特別展示されます。どうぞ、お見逃しなく。(市川)


<内覧会より>
「作品数が多いですね~」と記者の方々。
大盛況のうちに終了しました。
Lalique2.jpg  Lalique3.jpg  Lalique6.jpg
Lalique7.jpg  Lalique8.jpg