アート・ベンチャー・オフィス・ショウ Art Venture Office SHOU

  1. HOME
  2. 美術展の企画
  3. 美術展のPR
  4. ミュージアムグッズ
  5. 会社情報
  6. SHOU ROOM

美術展のPR

ベルギー王立美術館コレクション

ベルギー近代絵画のあゆみ

会期:
2009年9月12日(土)~11月29日(日)
場所:
損保ジャパン東郷青児美術館

 ベルギーの首都ブリュッセルにあるベルギー王立美術館は、200年以上の歴史と、15世紀から20世紀にわたる約2万点の収蔵品を誇る国内最大の美術館です。今回はそのコレクションの中から選りすぐりの絵画約70点をご覧いただける展覧会となっております。
 本展は、19世紀から20世紀前半、バルビゾン派からフォーヴィスムというフランスで起こった運動がどのようにベルギーの画家たちに影響を与え、開花し、ベルギーから逆に発信されたのか探っていきます。
 コロー、クールベ、ボナールといったフランス著名画家たちと、クノップフをはじめとするベルギーの実力画家たちの作品の共演をお楽しみいただけます。

ベルギー王立美術館は、古典美術館と近代美術館の2館から成り立っており、古典美術館では南部ネーデルランド絵画を中心に、ヒエロニムス・ボス、ルーベンスなどの作品が展示されています。また、近代美術館ではベルギー美術とフランスの新印象派を中心に、アンソール、デルヴォーなどの作品が展示されています。
また本年6月には同館に新しくマグリット美術館が加わり、更にコレクションが拡大し、注目する美術館の一つでもあります。