アート・ベンチャー・オフィス・ショウ Art Venture Office SHOU

  1. HOME
  2. 美術展の企画
  3. 美術展のPR
  4. ミュージアムグッズ
  5. 会社情報
  6. SHOU ROOM

美術展のPR

モーリス・ユトリロ展

パリを愛した孤独な画家

会期:
2010年4月17日(土)~7月4日(日)
場所:
損保ジャパン東郷青児美術館
損保ジャパン東郷青児美術館では、2010年4月17日(土)から7月4日(日)まで「モーリス・ユトリロ展ーパリを愛した孤独な画家」を開催します。
20世紀初めのフランスを代表する画家、モーリス・ユトリロは、自らが生まれ、愛したモンマルトルの街並みを繰り返し描き評価を得た画家であったものの、正規の絵画教育を受けたわけではないユトリロの表現力は天賦の才としか言いようがなく、詩情に満ちた独自の風景世界を創り出しています。

損保ジャパン東郷青児美術館では、2002年に一度ユトリロ展を開催し好評を博しましたが、再び開催となる本展は、日本初上陸となる作品90余点を一挙公開するという画期的なものです。それらを三時代に区分しユトリロの全画業をたどるとともに、数奇な運命に苛まれ、常に孤独と隣り合わせにいたユトリロの生涯も紹介します。(プレスリリースから抜粋)