アート・ベンチャー・オフィス・ショウ Art Venture Office SHOU

  1. HOME
  2. 美術展の企画
  3. 美術展のPR
  4. ミュージアムグッズ
  5. 会社情報
  6. SHOU ROOM

美術展のPR

丸紅創業150周年記念

丸紅コレクション展

~衣裳から絵画へ 美の競演

会期:
2008年11月22日(土)~12月28日(日)
場所:
損保ジャパン東郷青児美術館

総合商社として知られる丸紅のコレクションは、まさに丸紅の歴史と性格を反映しているといえます。もともとが呉服商として創業したことから、着物のデザイン研究としてはじまる衣裳コレクション、そして着物のデザインを依頼したつながりで培われた近代日本絵画のコレクション、そして総合商社となって輸入販売を手がけたことから生まれた西欧絵画のコレクション--これらの3つの顔を持っているのが、丸紅コレクションの最大の特徴です。

国内の企業コレクションの中でも珠玉のものとして知られているこのコレクションは、ふだんは収蔵庫に保管され、まとまって公開されることはほとんどありません。今回の展覧会は、創業150周年を記念し特別に開催されるものです。

本展は、丸紅グループの約1600点という収蔵品の中から選りすぐった優品約80点を展覧するものですが、中でも日本で唯一のボッティチェリの作品≪美しきシモネッタ≫、淀君の小袖と伝えられる≪島取に柳文様小袖裂≫をもとに特別に復元された小袖は必見。ぜひこの機会をお見逃しのないようご案内申し上げます。

作品リスト

サンドロ・ボッティチェリ
≪美しきシモネッタ≫
1480−85年頃 テンペラ、板

トーマス・ゲインズバラ
≪木のある風景—乳搾りの娘に求愛する農夫≫
1755−59年 油彩、キャンヴァス

カミーユ・コロー
≪ヴィル・ダヴレーのあずまや≫
1847年 油彩、キャンヴァス

オーギュスト・ルノワール
≪イオカステ(神殿の舞)≫
1895年

モイーズ・キスリング
≪ミモザの花≫
1952年 油彩、キャンヴァス

≪島取に柳文様小袖≫(復元)
1999年 染分練貫地・辻が花染

藤島武二
≪浜辺≫
1898年 油彩、板

梅原龍三郎
≪桜島≫
1937年 油彩、キャンヴァス

安井曾太郎
≪花≫
1927−28年 油彩、キャンヴァス

小磯良平
≪横向き裸婦≫
1951年 油彩、キャンヴァス