アート・ベンチャー・オフィス・ショウ Art Venture Office SHOU

  1. HOME
  2. 美術展の企画
  3. 美術展のPR
  4. ミュージアムグッズ
  5. 会社情報
  6. SHOU ROOM

美術展のPR

薔薇と光の画家

アンリ・ル・シダネル

~フランス ジェルブロワの風~

会期:
2012年4月14日(土)~7月1日(日)
休館日:月曜日 ただし4月30日は開館
場所:
損保ジャパン東郷青児美術館
時間:
午前10時~午後6時(金曜は午後8時まで)
※最終入場は閉館の30分前まで
料金:
一般 1,000円
大学・高校生 600円
シルバー(65歳以上) 800円
中学生以下 無料

アンリ・ル・シダネル(1862年~1939年)は、19世紀末から20世紀前半に活躍したフランスの画家です。パリの美術学校で伝統的な美術教育を受けていましたが、印象主義や新印象主義の影響を受け、明るく透明感のある作品を手がけるようになりました。人気のない食卓、夕暮れ時の窓辺、ガス灯に照らされた町並み、薔薇の庭など、身近でありふれた光景を静謐かつ内省的に描き、心象風景を思わせる独自の世界を確立しました。
本展覧会はフランスを中心に国内外の美術館や個人所蔵家が所有するアンリ・ル・シダネルの作品約70点を一堂に集め、その芸術を包括的にご紹介いたします。(美術館HPより)

★みどころポイント★
これから宴が始まるのか、それともパーティーの後なのか。
1つの画面の中に人物を描くことが少ないシダネルの作品は、観る人にとって色々と想像することができると思います。
私自身はなかなか旅をすることはできませんが、シダネルの描いたフランス各地の風景やベルギーの風景は、作品タイトルに描かれている地名が表記されているため多くの想像をふくらますことができます。
また、その描かれた土地に行ったことがる方は、その土地での想いを馳せつつ観ることができると思います。(橋本)


【ポスター】
東京メトロ・丸ノ内線車内にポスターが掲出されました。
アンリ・ル・シダネル展 損保ジャパン東郷青児美術館


【開催記念講演会】※終了しました
『アンリ・ル・シダネル~癒しの画家、その秘密と魅力~』
講師:古谷 可由(ひろしま美術館 学芸部長)
日時:5月12日(土)午後2時から午後4時(午後1時半開場)
場所:損保ジャパン本社ビル2階(美術館と同じビル)
定員:200名様
料金:無料
※参加希望者は損保ジャパン東郷青児美術館ホームページからの申し込み、
 または官製はがきに必要事項をご記入のうえ4月30日必着で申込みください。
 抽選のうえ当選者のみ5月4日までに聴講券をお送りします。
 ●損保ジャパン東郷青児美術館ホームページ


【ギャラリートーク】※終了しました
学芸員が会場内で作品の解説をします。
※当日自由参加
■小・中学生と保護者対象
 4月21日(土)
 4月28日(土) いずれも午後1時30分から
■一般対象
 4月20日(金)
 4月27日(金)いずれも午後5時から