アート・ベンチャー・オフィス・ショウ Art Venture Office SHOU

  1. HOME
  2. 美術展の企画
  3. 美術展のPR
  4. ミュージアムグッズ
  5. 会社情報
  6. SHOU ROOM

美術展のPR

アントワープ王立美術館所蔵

ジェームズ・アンソール

写実と幻想の系譜

会期:
2012年9月8日(土)~11月11日(日)
休館日:月曜日 ただし、9月17日、10月1日、8日は開館
場所:
損保ジャパン東郷青児美術館
時間:
午前10時~午後6時まで(金曜日は午後8時まで)
入館は閉館30分前まで
料金:
一般 1,000円
大学・高校生 600円
シルバー(65歳以上) 800円
中学生以下 無料

ベルギーのオステンド(ブリュッセルの北西120km/北海沿岸の町)に生まれ、生涯のほとんどを過ごした画家ジェームズ・アンソール(1860-1949)。マグリットやデルヴォーらとともに、ベルギー近代絵画を代表する画家として知られています。
本展では、アンソールの作品を世界で最も多く所蔵するアントワープ王立美術館の改装を機に、約50点の作品を展覧するものです。また、ブリューゲルやルーベンスといったフランドル画家、クールベやファンタン=ラトゥールなど同時代のフランス画家の作品もあわせて展示します。
★見どころポイント★
今回のアンソールは、「アントワープ王立美術館所蔵」の作品約50点と
フランドルの画家やアンソールと同時代の画家の作品も一堂に紹介する展覧会です。
"ジェームズ・アンソール"と聞くと、骸骨・仮面といった言葉が浮かんでくる方が多いかと思いますが、静物画や風景画も描いており、特に今回は生涯のほとんどを過ごしたベルギーのオステンドの街を描いた作品も展示されまます。また、ペーテル・パウル・ルーベンス、ピーテル・ブリューゲルの作品も必見です。(橋本)