アート・ベンチャー・オフィス・ショウ Art Venture Office SHOU

  1. HOME
  2. 美術展の企画
  3. 美術展のPR
  4. ミュージアムグッズ
  5. 会社情報
  6. SHOU ROOM

美術展のPR

うらめしや~、冥途のみやげ展

全生庵・三遊亭圓朝 幽霊画コレクションを中心に

会期:
2015年7月22日(水)-9月13日(日)
会場:
東京藝術大学大学美術館
時間:
10:00~17:00
※入館は閉館の30分前まで
※8月11日(火)、21日(金)は19:00まで開館)
料金:
一般1,100円(前売・団体900円)
高校・大学生700円(前売・団体6000円)
お得なペアチケット2,000円(前売1,600円)
※中学生以下は無料
※団体は20名以上(団体観覧券20名につき1名の引率者は無料)
※障害者手帳等をお持ちの方とその介助者1名は無料
※2015年5月16日から前売券販売開始(7月21日まで販売。7月22日以降は当日券の販売)
主催:
東京藝術大学、東京新聞、TBS
後援:
台東区

プレスリリース:  PDFダウンロード(2.4 MB) Adobe Reader

東京・谷中の全生庵には怪談を得意とした明治の噺家三遊亭圓朝(天保10<1839>-明治33<1900>年)ゆかりの幽霊画50幅が所蔵されています。本展は、この圓朝コレクションを中心として、日本美術史における「うらみ」の表現をたどります。 

幽霊には、妖怪と違って、もともと人間でありながら成仏できずに現世に現れるという特徴があります。この展覧会では幽霊画に見られる「怨念」や「心残り」といった人間の底知れぬ感情に注目し、さらに錦絵や近代日本画、能面などに「うらみ」の表現を探っていきます。

円山応挙、長沢蘆雪、曾我蕭白、浮世絵の歌川国芳、葛飾北斎、近代の河鍋暁斎、月岡芳年、上村松園など、美術史に名をはせた画家たちによる「うらみ」の競演、まさにそれは「冥途の土産」となるでしょう。

なお、本展は、当初平成23(2011)年夏に開催を予定しておりましたが、同年3月に発生した東日本大震災の諸影響を鑑み、開催直前にして延期を決定したものです。今回、4年の歳月を経て、思いを新たにしての開催となります。


★展覧会情報をtwitterで配信しています!
名前:「うらめしや~、冥途のみやげ」展広報事務局
ID:@urameshiya_info
urameshiya