ショップの運営

MUSEUM SHOP

五浦美術館ミュージアムショップ【図録通信販売開始】

茨城県天心記念五浦美術館で開催中の再開記念展「現代院展のあゆみ ― 天心記念茨城賞受賞作品を中心に」の図録を通信販売いたします。

価格:1500円(税込)
※五浦美術館の営業再開を記念して送料無料

購入を希望される方は、メール(avo-shou@mri.biglobe.ne.jp)、FAX(03-3485-7851)又は電話(03-3485-7866)にて下記事項をご連絡ください。(営業時間:平日10:00から17時00分まで。営業時間外にご連絡いただいた場合は営業日にご対応させていただきます。)
①氏名
②ご住所
③ご連絡先
④購入冊数
⑤領収証のお宛名

【支払い方法】
ご連絡をいただいた後、振込先の銀行をお伝えいたします。(手数料はご負担願います。)
※お振込を確認したのち、発送いたします。

【仕様】
サイズ:縦240×横250×厚さ10mm
ページ数:96ページ
図版:フルカラー

【展覧会概要:美術館HPより】
院展の名で親しまれている日本美術院は、明治31年(1898)に岡倉天心によって創立され、長い歴史を持つ美術団体として知られています。明治39年(1906)には、日本美術院の絵画創作の拠点が茨城県五浦に一時移転したことがあり、大正時代の再興院展を経、令和3年(2021)で115年になります。
茨城県は、平成7年(1995)より、日本画家の育成に貢献するために、院展に「天心記念茨城賞」を提供し、現在、26名の受賞者がいます。本展では、天心記念茨城賞の受賞作品を一堂に展示するとともに、日本美術院を支えた横山大観をはじめ、受賞作家にも大きな影響を与えてきた片岡球子平山郁夫ら院展作家の作品も併せて展観します。
天心の精神を継ぎ、新しい芸術を探し求める挑戦と苦悩、そこから生み出された天心記念茨城賞受賞作品の数々は、大観ら画壇の巨匠とは、またひと味違う新鮮な感動があるはずです。是非、天心が愛した五浦の地で、「今」を生きる画家たちの情熱を感じて下さい。