美術展の企画

ART EXHIBITION

DOMANI・明日展2021

文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち
会期
2021年1月30日(土)~3月7日(日)
休館日:毎週火曜日(ただし2月23日[火・祝]は開館、24日[水]は休館)
時間
午前10時~午後6時 
※入場は閉館の30分前まで
料金
一般 1,000円(800円)、大学生 500円(300円)
※( )内は前売料金
※前売券は2020年1月4日(月)より販売予定
※高校生、18歳未満の方(学生証または年齢のわかるものが必要)は入場無料
※障害者手帳をご持参の方(付添の方1名含む)は入場無料
会場
国立新美術館 企画展示2E
主催
文化庁、国立新美術館
制作
アート・ベンチャー・オフィス ショウ
プレスリリース
PDFダウンロード

文化庁は、将来の日本の芸術界を支える人材の育成のため、若手芸術家が海外の関係機関等で行う研修を支援する「新進芸術家海外研修制度(在研)※」を1967年度から実施しており、すでに半世紀を経過しました。美術分野では、そうした研修の成果発表の機会として1998年から「DOMANI・明日展」を開始し、今年度で第23回目を迎えます。国立新美術館を会場に、天井高に恵まれた空間での大規模なグループ展で、「海外研修」のアフター・プログラムとして、海外に送り出した人材を日本のアートシーンにプレゼンする機会としてきました。

本展の会期を2021年1月30日~ 3月7日と定め、準備をはじめました。春先からのパンデミックと深い文化的な中断を経て、今回は開催までにまだハードルがいくつも想定されますが、こうした状況だからこそ、文化庁が若手中堅作家を支援する仕組みをゆるぎなく持続する旗印として、この夏、オンライン上で展開し、好評をいただいた「DOMANI・明日展plus online 2020」(10月11日まで)に続いて、ふたたびリアルな展示にたちもどります。

過去10年間に研修経験を持った7人の新進作家に、それ以前に研修を経て、現在、アートシーンの最前線で活躍する竹村京・鬼頭健吾、袴田京太朗を加え、「2020年代」を迎えた日本のアクチュアル、かつ国際的にひらかれた表現を浮かび上がらせます(展覧会テーマは10月に発表)。

国際的な移動や発表を前提に活動してきた作家たちが、長期にわたる閉塞状態のアートシーンに遭遇したなかで思考を重ねた展覧会をご期待ください。

※新進芸術家海外研修制度
文化庁では、新進芸術家海外研修制度として美術、音楽、舞踊、演劇、映画、舞台美術等、メディア芸術の各分野における新進芸術家の海外の大学や芸術団体、芸術家等への実践的な研修に従事する機会を提供しています。
研修期間は、1年、2年、3年、特別(80日間)、短期(20日~40日)及び高校生(350日)の6種類があり、平成29年度末までに、約3,500名が研修をしています。(昭和42年から平成13年度末までは、「芸術家在外研修」事業として実施。)
〇文化庁HP「世界に羽ばたく新進芸術家等の人材育成」:http://www.bunka.go.jp/seisaku/geijutsubunka/shinshin/

【出品作家】※各作家の説明として、生年・表現領域、【】は文化庁新進芸術家海外研修歴を記載しています。
・大田黒 衣美 OTAGURO Emi
1980年生・現代美術
【2018年(1年研修)・ドイツ(ベルリン)】

・利部 志穂 KAGABU Shiho
1981年生・現代美術、彫刻
【2016年(2年研修)・イタリア(ミラノ)】

・笹川 治子 SASAKAWA Haruko
1983年生・現代美術
【2019年(短期研修)・ドイツ(ライプツィヒ、ドレスデン、ベルリン、デュッセルドルフ)】

・髙木 大地 TAKAGI Daichi
1982年生・絵画
【2018年(1年研修)・オランダ(ハールレム)】

・新里 明士 NIISATO Akio
1977年生・陶芸
【2011年(1年研修)・アメリカ(ボストン)】

・春木 麻衣子 HARUKI Maiko
1974年生・現代美術、写真
【2017年(1年研修)・フランス(パリ)】

・山本 篤 YAMAMOTO Atsushi
1980年生・現代美術、映像
【2018年(1年研修)・ベトナム(フエ)】

・竹村 京・鬼頭 健吾 TAKEMURA Kei・KITO Kengo
1975年生・現代美術・1977年生・現代美術
【2004年(3年研修)・ドイツ(ベルリン)・2009年(2年研修)・ドイツ(ベルリン)】

・袴田 京太朗 HAKAMATA Kyotaro
1963年生・彫刻
【1994年(1年研修)・アメリカ(フィラデルフィア)】