ミュージアムグッズの製作

MUSEUM GOODS

「ひきだしのなかの名作」展 前期

会期
2020年12月19日(土)から2021年3月21日(日)まで
※火曜日休館(ただし、12月14日(木)~1月7日(木)は無休)
時間
9時30分から17時00分まで
※最終入館16時30分
料金
大人400円
中高生200円
小学生100円(アンパンマンミュージアムとの共通券あり)
会場
香美市立やなせたかし記念館・詩とメルヘン絵本館
高知県香美市香北町美良布1224-2
JR土讃線・土佐山田駅のりかえ JRバス大栃線で約25分 「美良布(アンパンマンミュージアム)」
バス停下車徒歩5分
協力
株式会社フレーベル館
主催
公益財団法人やなせたかし記念アンパンマンミュージアム振興財団
後援
香美市、香美市教育委員会、朝日新聞高知総局、毎日新聞高知支局、読売新聞高知支局、高知新聞社、RKC高知放送、KSSさんさんテレビ、KUTVテレビ高知、NHK高知放送局、エフエム高知

「ひきだしのなかの名作」は昭和女子大学名誉教授・西本鶏介さん監修のもと、世界の名作より12の物語が厳選され、2016年から2019年にかけてフレーベル館から刊行されました。
大人にとってはなじみのあるお話も、原典に忠実な再話文とイメージ豊かな絵によって、新鮮な気持ちで楽しむことができる絵本シリーズです。
本展覧会では、「マッチうりのしょうじょ」「12つきのおくりもの」といった冬のお話も含め、6作品の絵本原画などをご紹介します。(チラシより)